AGAクリニックへ行ってみた

20代の中盤で薄毛の症状を発症してから2年になりました。
その間に様々な市販の育毛剤を試しており、2年が経った頃には「THE SCALP5.0」というキャピキシルという成分を配合した育毛剤に落ち着いていました。
この育毛剤を使い始めて3か月程度で少し髪が生えてきたと感じるようになりました。
そして、そのままの状態が順調に6か月目までは継続していました。
このままいけば髪の毛が元通りになる日もいずれは来るのかなと思っていた時に、ぱったりとそれまで順調だった薄毛症状の改善がみられなくなりました。
一時的なものかと思いそのまま3か月程度継続して使用していたのですが、抜け毛も増えない代わりに髪の毛も増えないという現状維持の状態がずっと続きました。
色々試したうえでやっと自分に合う育毛剤を見つけたと喜んでいたので、この育毛が止まってしまったという事態は思った以上にショックでした。
正直もうこれ以上は市販の育毛剤ではどうにもならないと感じて、ついにAGAクリニックでAGA専門の治療を受ける事を決断しました。
まずはAGAクリニックではほとんどのクリニックで無料カウンセリングというものを行っていたので、それを受けてみる事にしました。
3つのAGAクリニックの無料カウンセリングを受けてみましたが、流れはほとんど同じでした。
まずは薄毛に悩み始めた時期、自分の薄毛の気になるところ、家族の中に薄毛の人はいるかといったような質問シートに回答します。
その後はアシスタントもしくは先生から治療の流れやAGAという症状についての話を聞く時間があります。
そして、その後に実際に自分の頭皮の状態をカメラで見せてもらって、AGAの進行具合を確認してもらいました。
その際、あるクリニックの先生から「生きている毛穴が多いから、これはかなり薄毛症状の改善が見込める」と言われた事に非常に勇気づけられました。
3つのAGAクリニックの無料カウンセリングを受けた結果、一番料金が良心的に設定されていたAGAクリニックで治療を開始する事にしました。

実際、AGAクリニックではミノキシジルとフィナステリドという育毛剤を処方される投薬治療が行われました。
ミノキシジルという薬については以前育毛剤を使った時に頭皮の腫れを起こした事があり、その頭皮の腫れの原因となった育毛剤に含まれている育毛成分だったため、非常に心配でした。
しかし、AGAクリニックの先生からの丁寧な説明とそのミノキシジルという薬の優れた効果について説明を受け、副作用の心配がないよう随時処方の量を調節しますとのアドバイスを受け、ミノキシジルをつかってみようという決心がつきました。
また、投薬治療を始める際に使い始めた当初は髪が抜けるという「初期脱毛」の症状についても説明をうけ、それは健康な髪が生えてきている証拠だから安心していいと念を押されました。
実際に、使い始めて1週間くらい経つと抜け毛の量が増えたのですが、事前に説明を受けていたので不安にはなりませんでした。
その後、もらった薬を継続して服用していると3か月目くらいからみるみる髪の毛が増えてくるようになりました。
それこそ、市販の育毛剤とは比較にならない速度で髪の毛が増えていったので非常に感激しました。
使用を始めて8か月経った時点で、もう生え際の薄毛が全く目立たないほど症状が改善していました。
2年も薄毛の症状に悩んでいたのがウソのようでした。
正直、2年前の薄毛に悩み始めた時点でAGAクリニックを受診しておくべきだったと思いました。
その時点で治療費をケチった結果、最終的には高くついたという感じです。
これからAGA治療を始める人は最初からAGAクリニックで治療を始める事をおすすめします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です