育毛剤の新潮流!成長因子配合の育毛剤が増えている

育毛剤に含まれている育毛成分は日々新しいものが開発されています。
また、その育毛成分自体にも流行り廃りのようなものがあり、その時々によって注目を浴びている育毛成分というのは微妙に異なる場合があります。
例えば、少し前であればキャピキシルという成分が新登場の育毛成分として注目を浴びていた時代がありました。
最近は成長因子というものを含む育毛剤にも注目が集まっている傾向があります。

<育毛の世界で注目される成長因子とは?>

〔成長因子が持っている働き〕

では、この成長因子というのはどういった成分になるのでしょうか。
この成長因子というのはたんぱく質の一種とされている成分です。
ただ、たんぱく質の一種ではありますが、細胞分裂を促す効果があるという点に特徴があります。
この成長因子を育毛剤に含むことにより、毛母細胞という髪の毛を作る細胞の活性化が期待できます。
AGAと呼ばれる男性ホルモンの過剰な働きによって発生する薄毛症状が進行すると、髪の毛を生成するという活動自体を停止してしまう毛母細胞が増加します。
毛母細胞が髪の毛を作る活動を停止してしまうと、いくら頭皮の血行をよくしたり、髪の毛の生成に必要な栄養素を不足なく体内に取り入れたとしてもそもそも髪の毛を生産する細胞自体の働きが停止しているので「焼け石に水」といった状態になってしまいます。
このような状態まで薄毛の症状が進行してしまった場合には、成長因子によって、毛母細胞の活動を蘇らせるといったような方法でしか育毛促進することはできないと考えられています。

〔成長因子の種類〕

さて、上記で説明したような成長因子ですが、成長因子というのは一つの種類だけではありません。
様々な種類の成長因子というものが存在しており、成長因子を売りにしている育毛剤であれば複数の成長因子が含まれているというケースがほとんどになります。
ここでは育毛剤に含まれることの多い有名な成長因子の効果について紹介していきたいと思います。
育毛に役立つ成長因子の代表として紹介したいのがKGFになります。
このKGFについては上記で述べてきたように髪の毛を作る毛母細胞の細胞分裂を活発化して、毛母細胞の働きを活性化する効果を持つ細胞になっています。
また、頭皮にある角質細胞の細胞分裂を促進することによって、頭皮に張りをもたらす効果も持っています。

<成長因子配合の育毛剤ならボストンスカルプエッセンス>

ここからは成長因子を配合していることを売りにしている育毛剤について紹介したいと思います。
このような成長因子配合を売りにしている育毛剤ということであれば、名前を挙げることができるのがボストンスカルプエッセンスになります。
ボストンについては成長因子としてEGFとビオチノイルトリペプチド-1というものを配合しています。
ただ、あくまでも成長因子を配合しているということはボストンスカルプエッセンスの売りの中では副次的なものになります。
ボストンスカルプエッセンスが最も売りにしているのはその成分の中にキャピキシルと言われる成分を含んでいるということです。
このキャピキシルについては最近まで育毛の世界でその名をとどろかせていた成分になります。
アカツメクサという植物から抽出された成分で男性ホルモンの働きを抑制するのに優れた効果を発揮するとされています。
また、このキャピキシルとミノキシジルといわれる有名な育毛成分の比較実験において3倍以上の育毛効果を持つというお墨付きを受けたことにより、一躍注目を浴びる育毛成分になりました。

<育毛効果への評価は抜群!大注目のDeeper3D>

次に紹介したいのがDeeper3Dになります。
このDeeper3Dについては発売前から非常に大きな注目を集めており、発売された当初は東急ハンズで2日で売り切れてしまったという伝説を作った育毛剤になります。
ただ、このDeeper3Dについては名前倒れではなく、本当に優れた育毛成分を配合しています。
まず、この記事でテーマとしている成長因子が8種類も含まれており、Deeper3Dにおいては名実ともに成長因子を配合していることが大きな売りになっています。
また、これに加えて、上記で説明したキャピキシルという成分も配合しています。これに加えて、新成分のリデンシル、古来からモンゴル人に洗髪用としてつかわれてきた植物成分を抽出したモンゴロイド3大伝承成分というものを含んでいます。
普通の育毛剤であれば目玉になりそうな成分を複数配合しており、非常に高い効果が期待される育毛剤がDeeper3Dになります。

<成長因子配合のボストンスカルプエッセンスとDeeper3Dを徹底比較>

〔ボストンスカルプエッセンスとDeeper3Dに配合されている成長因子の質は?〕

ここでは上記で紹介してきたボストンスカルプエッセンスとDeeper3Dの二つを比較してみたいと思います。
まず、配合されいる成長因子の数についてですが、ボストンスカルプエッセンスが2種類しか配合されていないのに対して、Deeper3Dは8種類もの成長因子が配合されています。
また、成長因子にはグレードというものが存在しており、そのグレードが高いほど細胞分裂を促す効果が高いと言われています。
この成長因子のグレードについてもDeeper3Dに配合されている成分のほうが総じて高くなっています。
したがって、成長因子の質という点ではDeeper3Dに軍配が上がります。

〔ボストンスカルプエッセンスとDeeper3Dの成長因子以外の成分は?〕

次に成長因子以外の配合成分についてです。
成長因子以外で配合されているメインの育毛成分はどちらの育毛剤もキャピキシルになっているため、この点では全く差はありません。
ただ、ボストンスカルプエッセンスはこれ以外ではフラーレンといわれる抗酸化作用が売りの育毛剤が配合されている程度ですが、Deeper3Dについてはモンゴロイド3大伝承成分、リデンシル、黒ショウガエキスといったものが配合されています。
中でもリデンシルについてはほとんど配合されている育毛剤がない新しい育毛成分で、毛母細胞自体ではなく、毛母細胞を作り出す働きをしているバルジ領域という部分にアプローチをする効果を持っています。
また、黒ショウガエキスについては強力な血行促進作用があるとされています。

〔ボストンスカルプエッセンスとDeeper3Dの価格は?〕

一本だけ購入するのであれば、ボストンスカルプエッセンスは14,800円、Deeper3Dは13,860円となっており、ボストンスカルプエッセンスのほうが割高です。
しかし、3本まとめ買いになると一気にボストンスカルプエッセンスのほうが値引きが大きくなります。
3本まとめ買いの場合、Deeper3Dが37,200円なのに対して、定期コースにすることでボストンスカルプエッセンスは24,800円となり、Deeper3Dと比較すると、1万円以上も安く購入することが可能になっています。
はっきり言ってしまうと配合成分だけ見る限りではDeeper3Dの方が育毛効果が高くなりそうな感じがしますが、その分Deeper3Dの方が費用も高くなっています。
したがって、まずはボストンスカルプエッセンスを使って様子を見るというのもおすすめです。
ただ、成長因子の効果を最大限に体験したいならDeeper3Dを選ぶようにしましょう。

上記の文章では成長因子を含む育毛剤について紹介してきました。
現在のところ育毛剤の中で成長因子を含んでいるものとしてはDeeper3Dがかなり多くの成長因子を含んでいるものになります。
ただ、ここで紹介した以外にもザスカルプ5.0cといった成長因子配合の育毛剤も存在しており、今後この成長因子を含んだ育毛剤は増加していくのではないかと考えられます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です