手ごわいAGAを治療するための最終手段!育毛メソセラピーとは?

男性が薄毛症状に悩む場合、その90%以上はAGAという症状が原因になっていると言われています。
このAGAの治療においては原則的に育毛剤が使われることになります。
AGAの進行状況が初期の段階であり、その症状が軽度であれば、市販の育毛剤でも十分治療可能です。
ただ、AGAの症状が進んでくるとAGAクリニックのような専門クリニックで男性ホルモンを抑える育毛剤を処方してもらう必要が出てきます。
それでも薄毛の進行が抑えられなかったり、発毛が見られない場合には最終手段として育毛メソセラピーという方法が用いられます。

<育毛メソセラピーとは?>

育毛メソセラピーという治療法はAGAの治療を専門で行うAGAクリニックで行われている治療法になります。
とはいっても、通常ほとんどのAGAの患者にはこの育毛メソセラピーを用いることはありません。
なぜなら、その前の段階でプロペシア・ミノキシジルといった育毛剤を処方して服用してもらった段階で、ほとんどの患者はAGAの症状に改善が見られ、髪が生えてくるためです。
したがって、AGAクリニックでの治療はあくまでも投薬治療がメインとなっています。
しかし、かなりAGAの症状が進行してしまっている場合などは、どうしても投薬治療ではその症状の改善に限界がある場合もあります。
そのようなケースでは医師から育毛メソセラピーという治療法を提案される場合があります。
この育毛メソセラピーというのは簡単にいうと直接頭皮に注射のような形で育毛成分を注入するという方法になります。

<育毛メソセラピーのメリット>

〔抜群の浸透力を発揮〕

育毛メソセラピーのメリットは何といってもその抜群の浸透力になります。
頭皮に直接注入するという方法をとることで育毛成分の浸透効果が経口摂取という形で口から摂取するよりも高くなります。
したがって、口から服用する形の育毛成分ではその効果がうまく髪の毛を作る細胞などに届いていなかったとしても、育毛メソセラピーではしっかりと届いて効果を発揮する可能性があります。

〔AGAクリニックがこだわり抜いた育毛成分〕

また、AGAクリニックでは育毛メソセラピーにおいて頭皮に注入する成分にも徹底的にこだわっています。
フィナステリド・ミノキシジルといったような育毛剤に含まれる成分はもちろん、ヒアルロン酸、ビタミン、たんぱく質、成長因子といったような成分も配合されています。
このような成分が配合されることにより、髪の毛を作るのに必要な栄養素を補給する、頭皮環境を整えるといったような効果も同時に実現することが可能になります。
育毛剤と育毛サプリを合わせたような成分を頭皮から吸収することができ、育毛には非常に効果的といえます。
また、ここで着目したいのが成長因子になります。
この成長因子の存在が、AGAが進行していても育毛メソセラピーを行えば、発毛効果を発揮する可能性があるといわれる所以になります。
成長因子というのはヒト成長ホルモンというホルモンの分泌を促進する効果を持っています。
このヒト成長ホルモンというのは人間の体の各器官の働きを活性化する効果があるとされているホルモンになります。
当然このヒト成長ホルモンは髪の毛を作る働きをしている毛母細胞にも働きかけます。
AGAが進行してしまった人の毛母細胞の中にはその髪の毛を作るとうい役割自体をストップしてしまっているものもたくさん存在します。
しかし、このような毛母細胞もヒト成長ホルモンの働きかけにより、再び活動を再開することがあります。
したがって、成長因子を注入することにより、このような毛母細胞の働きを再開させることができる可能性があるため、育毛メソセラピーはAGAの症状が進行しても発毛の可能性がある治療法として評価されています。

<育毛メソセラピーを行うべき人>

〔一刻も早く育毛効果を出したい人〕

さて、このような育毛メソセラピーについてですが、費用も掛かるため、どんな人にもおすすめできる手法というわけではありません。
おすすめしたい人のパターンは大きく分けて2つになります。
まず、1つ目のパターンとしては一刻も早く育毛に成功したいという人です。
通常の育毛剤の投薬治療であれば、育毛効果を実感できるまで早くても3か月、標準的には半年程度の期間がかかるとされています。
しかし、育毛メソセラピーという手法を用いることにより、この育毛効果が出るまでの期間を短縮することができます。
したがって、育毛効果を実感するのに半年も待てないという人は最初から育毛メソセラピーを試してみるというのもおすすめです。

〔AGAの症状がかなり進んでしまっている人〕

もう一つのパターンは先ほどから何度か触れているAGAの症状が進行してしまっている人です。
このようなAGAの症状が進行してしまっている人はまず眠っている毛母細胞の働きを蘇らせて、髪の毛を再び作り始めるように持っていく必要があります。
したがって、毛母細胞の働きを活性化させる効果があると言われている育毛メソセラピーを試してみるのが良いでしょう。

<こだわりの育毛メソセラピーである「スマートメソ」>

育毛メソセラピーは各AGAクリニック各社が力を入れて取り組んでいる治療法になります。
中でもこだわりの育毛メソセラピーを実施しているクリニックにルネッサンスクリニックがあります。
このルネッサンスクリニックが導入している育毛メソセラピーは通称「スマートメソ」といわれています。
このスマートメソも育毛メソセラピーの一種であることには変わりありませんが、さまざまなこだわりの要素を取り入れています。
例えば、育毛メソセラピーの効果を左右するポイントにその浸透力があります。
せっかく、育毛に良い成分を頭皮から注入したとしても、しっかり浸透して髪の毛を作る毛母細胞などに作用してくれない限りは育毛効果は期待できません。
スマートメソでは育毛メソセラピーにおける育毛成分の浸透効果を最大限に高めるために「イオン導入」という手法を取り入れています。
イオン導入という手法は肌にわずかな電流を流すことにより、育毛成分を浸透させやすくするという手法になります。
肌の表面の角質層は酸性でプラスイオンが多いのですが、その内側の層はアルカリ性でマイナスイオンが多い状態になっています。
したがって、このプラスイオンとマイナスイオンの間に電流が流れており、この電流が育毛成分の浸透を妨げています。
しかし、イオン導入によって、電流を流すと、肌の角質層と内側の層がそれぞれ酸性・アルカリ性から、中性にちかづくことになります。
これにより、肌の角質層と内側の層の間に流れている電流が緩和され、育毛成分がその電流を突破して、しっかり肌の内側まで浸透していくことになります。
また、スマートメソのもう一つの特徴はその育毛成分にあります。
スマートメソで頭皮に注入される育毛成分にはKGFと呼ばれる成長因子が従来の育毛メソセラピーの70倍含まれています。
このKGFと呼ばれる成長因子については特に毛母細胞の細胞分裂を活発化させる効果がある成長因子として知られています。
このKGFをかなり大量に含んでいるため、スマートメソは毛母細胞の活動の活発化を促すうえではこの上ない効果が期待できると考えられます。

<成長因子を重視する「HARG治療」>

頭皮から直接育毛成分を注射する方法にはHARG治療と呼ばれる方法もあります。
このHARG治療についても育毛メソセラピーの一種と分類することができるでしょう。
HARG療法においてもやはり成長因子というものがキーになってきます。
ビタミンBなどから独自に抽出したHARGカクテルと呼ばれている成分に成長因子を加えて直接頭皮に注射する方法になります。
頭皮に育毛成分を抽出するということではほかの育毛メソセラピーと同じようなものであると言えます。
ただ、育毛メソセラピーがどちらかというと脱毛を防止するという点に力を入れているのに対して、HARG治療は発毛を促進するという方向に力を入れている違いがあるとされています。
HARG治療においてはコエンザイムQ10やヒアルロン酸といったような美容成分も一緒に注入することになっています。
このような点からHARG治療については男性に特化した治療ではなく、女性の薄毛治療もターゲットにした治療法となっています。

上記の文章では育毛メソセラピーについて述べてきました。
育毛メソセラピーについては育毛剤の投薬治療でもAGAの症状が改善しなかった場合の最終兵器といってもよい治療法になります。
その分、費用も育毛剤を処方されるだけの投薬治療よりはかかりますが、AGAの症状がかなり進んでいる場合でも発毛の可能性がある治療法です。
ぜひ望みを捨てずに育毛メソセラピーを試してみましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です