市販の育毛剤よりいいかも!アロマ配合の自作育毛剤とは?

髪の毛を生やしたいなら市販の育毛剤を使用する、これは鉄則です。
ただ市販の育毛剤の中にはさまざまな問題があることはあまり知られていません。
市販の育毛剤は必ずしも髪の毛に良い成分のみで構成されているわけではありません。
今回の記事では市販の育毛剤の問題点とそのような問題点を解決するための自作育毛剤の作り方についてみていきたいと思います。

<市販の育毛剤が持つ問題点>

市販の育毛剤については評判のいい商品もそうでない商品も含めて、ほとんどの育毛剤にある問題点があります。

〔アルコールが配合されている〕

市販の育毛剤が抱えている問題、それはズバリアルコールが配合されているということです。
このアルコールの濃度はかなり高く、ほとんどの育毛剤で50パーセントを超えています。
さらに多いものであれば70パーセントを超えるものも存在しています。
つまり、市販の育毛剤を使う時には育毛によい成分も確かに頭皮に塗布されているのですが、それと併せてアルコールも塗布されることになっています。
アルコールが大量に配合されている理由としては、このアルコールを配合しないと、せっかく配合している育毛成分がきちんと毛母細胞まで届かない場合があるためです。
いい育毛成分を配合していてもそれがきちんと毛母細胞まで浸透しなければ、配合している意味がありません。
その点、アルコールを配合しておくことにより、育毛成分が毛母細胞に浸透するのを邪魔する皮脂をあらかじめ溶かしてしまうことが出来ます。
これにより育毛剤の浸透効果を上げるというのがアルコールを育毛剤に配合する意味になります。
また、アルコールを配合しておくことにより、育毛剤を使用した後に一種の爽快感を感じることが出来ます。
このような爽快感を利用者に与えるという目的でも、アルコールは育毛剤に配合されています。

〔アルコールの弊害〕

ただ、アルコールを育毛剤に配合することにより、このアルコール成分が頭皮にダメージを与えてしまう結果になる場合もあります。
アルコールにはホルモンバランスを崩したり、頭皮に存在する善玉菌を殺す効果もあるためです。
したがって、頭皮環境が敏感な人であれば、このアルコールの弊害によって、頭皮がかさついたり、フケが大量に発生するという問題に悩まされる場合があります。

<自作育毛剤のベース>

育毛剤を使用して頭皮がかぶれたり、フケが発生したり、頭皮にかゆみが発生したなどの頭皮トラブルが出た場合には育毛剤に配合されているアルコールが問題になっている可能性もあります。
このようなアルコールの弊害に悩まされないことを考えればアルコールが配合されていない育毛剤を使うのも良い選択肢になります。
ただ、アルコールが全く配合されていない市販の育毛剤を探すというのはなかなか至難の技です。
したがって、自分自身でアルコールを使わない育毛剤を作ってしまうという手もあります。
このようなアルコールが使われていない育毛剤としてアロマを配合した育毛剤をつくるという手があります。
このアロマ配合の自作育毛剤について紹介していきたいと思います。

〔自作育毛剤のベースは精製水と植物性グリセリン〕

自作育毛剤を作る場合、その自作育毛剤のベースとなるのは精製水と植物性グリセリンになります。
この植物性グリセリンという成分は植物から抽出されており、頭皮の乾燥に有効に働くと言われています。
この保湿効果に期待をしてグリセリンをベースの成分に配合することになります。
そして、このベースの成分にそれぞれの薄毛の症状に合わせたアロマの精油を足していくことになります。
それぞれの精油がどのような効用を持っているかについて紹介していきたいと思います。

<てっぺんハゲに効くラベンダー>

ラベンダーについては不眠症などの症状を改善した安眠をもたらしてくれると言われているアロマになります。
てっぺんハゲの症状に悩んでいる人はAGAの症状と併せて、ストレスの影響によって体が緊張状態にあるため、血管が収縮して血行が悪くなっていることも薄毛症状の原因になっていると言われています。
また、このラベンダーには頭皮の皮脂の分泌量を調整してくれるという効果があることも分かっています。
したがって、過剰な皮脂の分泌に悩んでいるオイリーな頭皮の人であれば、このラベンダーを自作育毛剤に配合してみるのもおすすめです。

<M字ハゲに効くイランイラン>

次に紹介するのがM字ハゲによる薄毛症状に効果があるとされているイランイランです。
このイランイランにもラベンダー同様に皮脂を調整する効果が報告されているのでオイリーな頭皮の人にはぴったりの精油になります。
これと併せてイランイランにはM字ハゲの症状で悩んでいる人にとっては特に効果的であるとされています。
M字ハゲで悩んでいる人はAGAの症状だけでなく、眼精疲労も薄毛症状の原因の一つになっていると推測されます。
このような眼精疲労を緩和してくれるのがイランイランになります。
ただし、イランイランについては直接目に働きかけて眼精疲労を軽減するのではありません。
このイランイランは目ではなく、肝臓に働きかけることによって、眼精疲労を緩和することになります。

<全体的な薄毛に効くゼラニウム>

次に紹介するのが全体的な薄毛症状に悩んでいる場合に効果を発揮すると言われているゼラニウムになります。
ゼラニウムは南アフリカが原産の花で、薬草や魔除けとしても使われていた過去があります。
このゼラニウムには髪の毛を美しくしてくれる美髪効果があると言われています。
髪の毛にコシやハリを与える働きを持っているのがこのゼラニウムになります。
ゼラニウムの効果で丈夫な髪の毛が生えてくるようになるにつれ、抜け毛の量が減っていき、全体的な薄毛の症状も改善に向かうことが期待されます。
また、このゼラニウムについては利用に肌質を問わないというメリットもあります。
したがって、頭皮が乾燥しているタイプの人も皮脂の分泌が過剰でオイリーなタイプの頭皮を持っている人のどちらも、このゼラニウムを利用することが出来るというメリットがあります。

<アロマ配合自作育毛剤を使う場合の注意点>

さて、このようなアロマ配合の自作育毛剤についてですが、利用する場合は一つ注意点があります。
それが、このアロマ配合自作育毛剤については1ヶ月ほどの期間使い続けてしまうと、体に耐性がついてしまい、効き目が弱くなるということです。
したがって、2週間ほど使ったら、アロマオイルは無く、グリセリンと精製水のみを使うようにします。
その後、2週間ほどのインターバルを開けて再度サロマオイルを配合して育毛剤を利用することにより、アロマの育毛効果が無効にならずに使い続けることが出来ます。
ずっと使い続けず、インターバルを入れながら使用するということを徹底して、アロマ配合の自作育毛剤を利用するようにしましょう。

上記の文章では市販の育毛剤の問題点を分析し、その後自作の育毛剤のつくり方について述べてきました。
市販の育毛剤についてはアルコールの存在が大きな問題になってきます。
もし市販の育毛剤を使って頭皮に何かしらのトラブルが出るようであれば、思い切って上記で紹介したようなアロマオイル配合の自作育毛剤を試してみるというのもいいかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です