30代の薄毛とは?

年齢を経ていくにつれて、体の新陳代謝の能力はどんどん低下していきます。
その結果として、新しい髪の毛を作る細胞の働きが少なくなってしまい、薄毛が進行する事があります。
しかし、30代男性の場合にはまだ新陳代謝もそれほど衰える時期でもなく、新陳代謝の低下が原因の薄毛というのは考えづらいものがあります。
このような30代男性の薄毛の原因としてありがちなものはストレスや生活習慣の乱れによるものが考えられます。
これらの原因による薄毛の場合にはストレスを解消したり、髪の毛に悪い影響を与えていると考えられる生活習慣の見直しを行う事で改善がみられる事もあります。
また、それだけでは改善しない場合には市販の育毛剤などを使用して対策していきます。
ただ、このような原因で発生する薄毛の場合には頭の一か所だけではなく、全体的な毛髪の量が減っていくという特徴があります。
これに対して男性に良くみられる薄毛の形が頭頂部の薄毛です。
側頭部や後頭部にはしっかりと髪の毛が残っているのに、どんどん頭頂部だけ髪の毛が減っていくという場合があります。
このような場合には上記で述べてきたようなストレスや生活習慣が原因の薄毛とは考えにくくなります。
では、いったい何が原因で頭頂部の薄毛は発生しているのでしょうか?

実はこのような頭頂部の髪の毛だけが薄くなるという症状はAGAの典型的な症状です。
AGAとは男性型脱毛症の略称で、その名の通り男性特有の脱毛症状になります。
このAGAの中でも頭頂部の髪の毛だけが薄くなるという症状をo型と呼びます。
AGAという症状は男性ホルモンの働きによって発生する薄毛の症状になります。
男性ホルモンの働きが活発になると、男性ホルモンがジヒドロテストステロンという物質に変化する事があります。
このジヒドロテストステロンは毛髪を作る細胞に栄養を供給する毛乳頭細胞と結合を始めます。
これにより毛乳頭細胞の働きが著しく阻害され、髪の毛を作る細胞に栄養が届かなくなります。
そして、髪の毛の生成がうまくいかなくなり、健康な髪の毛と比較すると細い髪の毛、通称細毛が髪の毛に混じるようになります。
この細毛が健康な髪の毛と比較すると非常に速いサイクルで抜けてしまう事から、抜け毛の量が増えていき結果として薄毛の症状が現れるようになります。
これがAGAです。
そして、この男性ホルモンは頭頂部や生え際などに集中しているため、これらの部位で薄毛の症状が進行する事になります。
このうち、特に頭頂部を中心として進行する薄毛の事をAGAのo型と呼んでいます。
頭頂部だけが薄くなった場合にはAGAのo型を疑うようにしましょう。

このような頭頂部という限られた部位の薄毛症状というAGA特有の症状が現れてきた場合は、AGA治療専門のAGAクリニックを受診する必要があります。
なぜなら、AGAという治療にはただ髪の毛を生やすという育毛促進の治療に加えて、AGAの原因となっている男性ホルモンを抑制するという治療も行う必要があるためです。
このようなAGA独特の治療を進めるにはAGAクリニックを受診するのが一番の近道になります。
AGAクリニックを受診するとミノキシジルとフィナステリドという育毛剤を使った投薬治療を提案される事が一般的です。
このうち、ミノキシジルという育毛剤は市販の育毛剤にも使われている成分で主として育毛を促進する効果があります。
ただ、AGAクリニックで処方されるものは市販のものよりも強力なもので、タブレットタイプの飲み薬になります。
また、フィナステリドというのは上で述べたAGA治療特有の男性ホルモン抑制のための薬になります。
このフィナステリドをつかう事でAGAの根本原因である男性ホルモンの働きを抑える事が可能になります。
そして、AGAのo型の場合には他のAGAと比べて頭皮の血行が悪かったり、頭皮環境が不潔になっているというケースが見受けられます。
そのため、頭皮の血流を良くするためにミノキシジルの塗り薬を併用したり、頭皮をケアするための育毛製品を併用する事を進められる事もあります。
このようなAGAによってもその症状が発生している部位によって細かい指示が受けられるのもAGAクリニックの良さです。
AGAの症状が疑われるなら、まずはAGAクリニックを受診してみるようにしましょう。